若葉のささやき

2010.09.01

ありがとう、Disc3!

PB(プレミアムボックス)Disc3は、記念すべき真理ちゃんのファーストアルバム『水色の恋/涙から明日へ』と、続く『ちいさな恋/ひとりじゃないの』(+『風を見た人』)を収めたディスクです。
 この中で特筆すべきは、僕にとっては『ひとりぽっちの私』でした。『ちいさな恋/ひとりじゃないの』の方に収められたオリジナル曲ですが、この曲は、PBで聴くまで忘れていた曲だったのですが(汗)、聴いてみると、素晴らしいですね。僕には、真理ちゃん自身のことを歌っているように感じられました。とても愛しい歌です。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2010.08.23

大成功の予感

このところ、映画『虹をわたって』の放映中止や、予定されていた真理ちゃんのテレビ放映の変更など、残念なニュースが続いています。
 でもこれは、来るべき偉大な喜びのために、運を使わないようにため込んでいる気がするのです。
 来るべき偉大な喜び……それは、10月10日のファンの集いの大成功ではないかと、そんな気がしているのですが……。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010.08.18

“もういちど天地真理”から“一生天地真理”へ

 
数年ぶりに天地真理ファンに返り咲いたとはいえ、真理ちゃんに対する思いは、常に胸の底にありました。ほかのアイドルやシンガーを、何人も好きになりましたが、心の中では〝ナンバー1は天地真理〟と決まっていました。
 そして今、あらためて宣言したいと思います。一生、天地真理のファンであり続けると。
 なぜなら、中学生の頃、天地真理に忠誠を誓ったからです。自分自身と交わした約束を、破るわけにはいかないのです。

♪もう決して私のこの想いけせない
 

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2010.08.11

天地真理イントロベスト5(A面B面総合)


 初めて聴くとき〝どんな曲だろう?〟とワクワクさせてくれるだろう、イントロ。
 それを全シングル、A面B面から選んでみました。
 多分に、その曲に対する思い入れも加味されてます(笑)。

1・ふたりの日曜日
2・わたしの場合
3・恋人たちの港
4・花嫁の友だち
5・旅人は風の国へ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010.08.04

歌の評価基準・歌詞編


1・恋愛未満の歌
 歌謡曲は、やはり恋愛を歌うのが王道だと思います。しかしながら、真理ちゃんの
歌には、切実な恋愛を描いた歌が少ないように思います。これは当時のアイドルの定
めで、スタッフの方針だったようです。でも真理ちゃんはデビューした時点で二十歳
を超えていました。充分に大人の恋を歌える年齢だと思います。だから僕は、恋愛未満の淡い恋心を歌った歌には、評価が厳しくなるのです(もちろん、一ファンの勝手な好みですし、恋愛未満を描いた歌詞が、すばらしいメロディーと結びついて名曲になることもあります)。
2・不自然な言葉
 たとえ名曲の評価を得ている作品でも、歌詞に不自然な箇所がある場合があります。
 別のかたの歌を例に引いてたいへん恐縮ですが、たとえば『岬めぐり』の♪人々たちが~の部分。
 〝人々〟という言葉に〝たち〟を加える必要はまったくないと思うのです。
 このような箇所がある場合、その歌詞の評価は低くなります。

以上、前回のメロディー編と合わせて、総合評価をしています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010.07.31

歌の評価基準について 1・メロディー編


歌の優劣を客観的につけることは不可能です。
なので、あくまで好みの問題です。しかもその好みを文章で表現することも不可能だと思われます(汗)。
あくまで感覚的に……。
 僕があまり評価しない歌から、最高に評価する(好きな)歌までを、5段階にランク分けしてみました。
 流れるような、聴きやすい、親しみやすい、キャッチーなメロディーが僕は好きなようです。
最初から最後まで、そのようなメロディーが続く歌を、最高のレベル5とします。

レベル1・最初から最後まで、ギクシャクとして、ノリの悪い歌。
レベル2・ところどころによいメロディーもあるが、全体的に流れが悪い。
レベル3・サビの部分は伸びやかでA級だが、途中、だれる部分がある。
レベル4・最初から最後まで、流れるようなメロディー。
レベル5・最初から最後まで、流れるようなメロディーで、なおかつサビの部分がA
級。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2010.07.25

天地真理カップリングBEST5


 真理ちゃんのシングル全22枚の中から、A面だけでなく、B面も含めた2曲を総
合した評価をしようという試み。例によって好みで選ぶしかありません(笑)。

1・ちいさな恋/ある日私も
2・想い出のセレナーデ/わたしの場合
3・愛のアルバム/京都でひとり
4・虹をわたって/トンガリ屋根の教会へ
5・ふたりの日曜日/真冬のデイト

次点 若葉のささやき/海にたくした願い

以上です!


| | コメント (1) | トラックバック (0)

2010.07.19

真理ちゃんソングの萌えポイント

1・ハ行 『水色の恋』の♪いつまでもわたしのおもいでへに~
     『想い出のセレナーデ』の♪あんなはに、すばらしい愛が など
2・ラ行 『もの思う季節』の♪青空がの巻き舌

 
 これらの特徴は、レコードでは見られず、ライブだけで確認されることもしばしばです。
 マリソン(天地真理ソング©メロンパンさん)は、以上2点に注目!

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2010.07.10

天地真理B面ベスト5


1・もの想う季節
2・ある日私も
3・トンガリ屋根の教会へ
4・わたしの場合
5・京都でひとり

 順番が逆になりますが、歌の評価基準については、いずれ記したいと思っていま
す。
 B面評価の場合、簡単に言えば〝シングルA面として発表されてもよかった歌〟と
いえるかもしれません。もちろん、あくまで好みの問題ですが。

| | コメント (2) | トラックバック (1)

2010.07.04

天地真理B面コレクションを聴きながら

はっきり記憶にあるのは『花ひらくとき』までだから、一回サラッと全曲、聴いてみ
よう。

(全曲、聴いて)
『もの想う季節』は名曲だな。あとは聴きやすい『ちいさな人生』あたりを覚えれば
いいかな。念のためにもう一回、通して聴いてみよう。

ちょっと待て。『わたしの場合』と『京都でひとり』も名曲じゃねーか!(さらに聴
く)

『ブランコ』『不器用な女』『旅人は風の国へ』もいい曲だぞ!これは腰据えて覚え
ないと!

イマココ

| | コメント (0) | トラックバック (0)