« 2010年6月 | トップページ | 2010年8月 »

2010年7月

2010.07.31

歌の評価基準について 1・メロディー編


歌の優劣を客観的につけることは不可能です。
なので、あくまで好みの問題です。しかもその好みを文章で表現することも不可能だと思われます(汗)。
あくまで感覚的に……。
 僕があまり評価しない歌から、最高に評価する(好きな)歌までを、5段階にランク分けしてみました。
 流れるような、聴きやすい、親しみやすい、キャッチーなメロディーが僕は好きなようです。
最初から最後まで、そのようなメロディーが続く歌を、最高のレベル5とします。

レベル1・最初から最後まで、ギクシャクとして、ノリの悪い歌。
レベル2・ところどころによいメロディーもあるが、全体的に流れが悪い。
レベル3・サビの部分は伸びやかでA級だが、途中、だれる部分がある。
レベル4・最初から最後まで、流れるようなメロディー。
レベル5・最初から最後まで、流れるようなメロディーで、なおかつサビの部分がA
級。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2010.07.25

天地真理カップリングBEST5


 真理ちゃんのシングル全22枚の中から、A面だけでなく、B面も含めた2曲を総
合した評価をしようという試み。例によって好みで選ぶしかありません(笑)。

1・ちいさな恋/ある日私も
2・想い出のセレナーデ/わたしの場合
3・愛のアルバム/京都でひとり
4・虹をわたって/トンガリ屋根の教会へ
5・ふたりの日曜日/真冬のデイト

次点 若葉のささやき/海にたくした願い

以上です!


| | コメント (1) | トラックバック (0)

2010.07.19

真理ちゃんソングの萌えポイント

1・ハ行 『水色の恋』の♪いつまでもわたしのおもいでへに~
     『想い出のセレナーデ』の♪あんなはに、すばらしい愛が など
2・ラ行 『もの思う季節』の♪青空がの巻き舌

 
 これらの特徴は、レコードでは見られず、ライブだけで確認されることもしばしばです。
 マリソン(天地真理ソング©メロンパンさん)は、以上2点に注目!

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2010.07.10

天地真理B面ベスト5


1・もの想う季節
2・ある日私も
3・トンガリ屋根の教会へ
4・わたしの場合
5・京都でひとり

 順番が逆になりますが、歌の評価基準については、いずれ記したいと思っていま
す。
 B面評価の場合、簡単に言えば〝シングルA面として発表されてもよかった歌〟と
いえるかもしれません。もちろん、あくまで好みの問題ですが。

| | コメント (2) | トラックバック (1)

2010.07.04

天地真理B面コレクションを聴きながら

はっきり記憶にあるのは『花ひらくとき』までだから、一回サラッと全曲、聴いてみ
よう。

(全曲、聴いて)
『もの想う季節』は名曲だな。あとは聴きやすい『ちいさな人生』あたりを覚えれば
いいかな。念のためにもう一回、通して聴いてみよう。

ちょっと待て。『わたしの場合』と『京都でひとり』も名曲じゃねーか!(さらに聴
く)

『ブランコ』『不器用な女』『旅人は風の国へ』もいい曲だぞ!これは腰据えて覚え
ないと!

イマココ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2010年6月 | トップページ | 2010年8月 »